top of page

測定レポート 〜法政大学第二高校ハンドボール部〜

今回は、2023年11月2日に法政大学第二高校ハンドボール部で行ったフィジカル測定の様子をお伝えします。


神奈川県の新人戦で優勝を果たし、全国制覇に向けて一歩一歩前進を続ける法政二校。

選手たちは強豪校らしい活気ある姿勢、かつキビキビとした動きとスムーズな実施が印象的でした。


このような精密なフィジカル測定は初めてだったようですが、情熱と競争意欲だけでなく、楽しんでくれている様子も伝わってきました。


総合成績1位に輝いた市川選手は、トレーニングに黙々と取り組み、努力を惜しまない選手です。総合的に優れた数値を叩き出しましたが、特にアジリティに優れ、チームにとって貴重な存在と言えるでしょう。


そんな法政大学二校ハンド部は、「ALIVE」という精神を伝統文化として大切にし、苦境を生き抜く力を厳しい練習を通じて養っています。日本一の守備力を持つチームとしても知られています。


弊社スタッフでもある、鈴木S&Cコーチが、数値化された今回のデータを、どのように現在の実力の客観的評価や今後の指導に活用するかが楽しみです。


今後もフィジカル測定だけでなく、トレーニング指導も鈴木コーチを中心に弊社一同でサポートし、全力で応援します!



 

法政第二高校ハンドボール部の皆様、フィジカル測定代行サービス「OBVIOUS」をご利用いただきありがとうございました!


株式会社S-CADE.では、バスケ、野球、サッカー、アメフトなどのフィジカル・体力測定を行っています。

自社開発の光電管、ジャンプマット、フィードバックシートを用いて、的確なサポートを行います。


ご依頼はOBVIOUSスタートページ、もしくはお問い合わせフォームよりお待ちしております!

閲覧数:51回0件のコメント

コメント


bottom of page