top of page

測定レポート 〜大成高校サッカー部〜

2023年9月26日、大成高校サッカー部の第2回目のフィジカル測定を実施しました。

測定に参加した選手はなんと74名。


50mスプリント競技では、SーCADE記録史上最速のタイムとなる5.89秒を舟山陽人選手が記録しました。

驚くべきことに、舟山選手はわずか5ヶ月のトレーニングで0.21秒もタイムを縮め、自己ベストを更新しました。

チーム平均も6.4秒という驚異的な成績を収め、その能力の高さを示しました。


全体的なスプリントタイムの速さだけでなく、選手個々の切り返し技術の向上も印象的で、プロアジリティ競技でも非常に優れた記録が多く出ました。

プロアジリティの全国上位20%の記録は4.98秒ですが、大成高校は驚くべきことにチーム平均が4.96秒ほどでした。

さらに、8人の選手が4.5〜4.6秒台を記録しました。


このように選手たちは高いレベルに達しておりますが、全国上位20%に入っても「遅い!」といった悔しさを感じているようです。

このような成長と前向きな姿勢が見えるのは、弊社にとってもとても嬉しいことです。

将来の更なる飛躍に期待がかかります。


全国高校サッカー選手権の予選では準決勝で敗退しましたが、その前の予選では強さを見せつけました。

選手たちは、今後の更なる躍進を目指し努力を続けています。

そんな大成高校サッカー部の素晴らしい実績と成長に期待が高まるばかり。

彼らの未来を応援しています!



 

大成高校サッカー部の皆様、フィジカル測定代行サービス「OBVIOUS」をご利用いただきありがとうございました!


株式会社S-CADE.では、バスケ、野球、サッカー、アメフトなどのフィジカル・体力測定を行っています。

自社開発の光電管、ジャンプマット、フィードバックシートを用いて、的確なサポートを行います。


ご依頼はOBVIOUSスタートページ、もしくはお問い合わせフォームよりお待ちしております!

閲覧数:96回0件のコメント
bottom of page